フランス語圏俳句協会誌『ゴング』の10句


フランス語圏俳句協会誌『ゴング』の10句 - ゴング70号 (2021年1月)

宮下惠美子

GONG 70

「ゴング70号」では芭蕉特集が組まれ、ジーン・アントニニによる「芭蕉の生き方と俳句、そして今日的な彼の重要性について」の記事、「今ここで何が起きる」と題してフランス語圏の俳人達が選んだ一番好きな芭蕉の句などが掲載されています。

GONG 70

face au vent
comme épinglées au ciel
les mouettes immobiles Michel BETTING
facing the wind
like pinned in the sky
the motionless seagulls
風に向かって
空に固定されたように
動かないカモメ
ミシェル・ベッティング
clair de lune
refroidit la soupe
de potiron Dominique BORÉE
moonlight
cooling down
the pumpkin soup
月光に
冷めてゆく
南瓜のスープ
ドミニク・ボレー
petit jour
sur mon visage
l’haleine de mille fleurs Laurent CABY
early morning
on my face
the breath of a thousand flowers
早朝
私の顔へ
千の花の息づかい
ローラン・キャビ―
balançoire vide -
un instant s'y assoit
un souvenir Coralie CREUZET
empty swing –
sitting down for a moment
a memory
空のぶらんこ
しばし腰をおろせば
思い出
コラリー・クルーゼ
passent les oies sauvages
un instant avec elles
un bout de voyage Danièle DUTEIL
wild geese passing
I share for a while
a part of their journey
雁が追い越していく
少しの間分かち合う
その旅の一部を
ダニエール・デュテイユ
ces lueurs ambrées
du vieux ginkgo biloba
- couchant d'automne Jean-Philippe GOETZ
these amber lights
of the old ginkgo biloba
- autumn sunset
銀杏の古木の
琥珀色の光
秋落暉
ジャン・フィリップ・ゴエッツ
le ciel est immense
le chant d'une mésange
me ramène ici Christine HAMOIR
the sky is immense
the singing of a tit
brings me back here
空は広い
四十雀の歌が
私をここへ連れ戻す
クリスティン・アムア
chemin forestier –
loin de ce monde masqué
respirer l’automne Christiane RANIERI
forest path -
far away from this masked world
breathing the autumn
森の径
このマスクを付けた世界から遠く離れて
秋を吸い込む
クリスティアーヌ・ラニエリ
après l'orage
un moineau dans le caniveau
sirotant des nuages Klaus-Dieter WIRTH
after the downpour
a sparrow in the gutter
sipping at clouds
土砂降りの後で
側溝の一羽の雀が
雲をちびちびすする
クラウス・ディーター・ワース
Délicieuse
la pomme entamée
par une limace Monique LEROUX SERRES
delicious
the apple being eaten
by the slug
美味しい
その林檎は食べられてしまった
ナメクジに
モニーク・ルル―・セレス

(英訳:エレオノーレ・ニコレイさん、和訳:宮下惠美子)