ドイツ俳句協会誌『夏草』の10句


ドイツ俳句協会誌『夏草』の10句 - 128号

宮下惠美子

– SOMMERGRAS 128

ドイツ俳句協会会誌『夏草 128号』より10句ご紹介いたします。

SOMMERGRAS 128

Küstenweg –
ich eile zum Baumschatten
das Meer auch Valeria Barouch
coastal path -
I hurry to the tree shade
so does the sea
海沿いの道
木陰へ急ぐ私
と海
ヴァレリア・バロウチ
Beim Halleluja
aus dem Gesangbuch fällt
ein Sterbebildchen Heiner Brückner
at the Hallelujah
an In memoriam card* falls
out of the hymnbook
ハレルヤのところで
はらりと落ちる追悼案内カード
讃美歌集より
ハイナ・ボルクナー
*In memoriam card
Sie nahm meine Hand
ganz fest –
am Tag davor. Werner Buschmann
she took my hand
very firmly -
the day before
彼女は私の手を
ぎゅっと握った
昨日
ヴァルナ・ブッシュマン
kufenzerkratzt
scheint der wintermond
auf das eis Hans Egerer
blade-scratched
the winter moon shines
on the ice スケート靴の跡
冬の月が光る
氷の上に
ハンス・エガレ
Vor einer weißen Wand
weiße Blüten.
Meine Heimatlosigkeit. Volker Friebel
In front of a white wall
white blossoms.
My rootlessness. 白壁の前の
白い花
私は根無草
フォルカー・フルーベル
Frühlingsgefühle
wie der Raps
schon verblüht Wolfgang Gründer
spring fever
already withered
like the canola 春風邪
もう萎えている
菜の花のように
ウォルフガング・グルンダ
blaue Hyazinthen
im Traum noch
ihr Duft Gabriele Hartmann
blue hyacinths
in my dream still
their scent 夢の中の
青いヒヤシンスまだ
その香り
カブリエレ・ハートマン
nach dem wortgefecht
die samtene stille des mondlichts Ramona Linke
after the battle of words
the velvet silence of the moonlight 言い争いの後に
月光りのビロードの静寂
ラモナ・リンケ
Familienfeier
nach den Küsschen pudert sie
ihre Wangen Ruth Karoline Mieger
family celebration
after the kisses she powders
her cheeks 家族のお祝会
一連のキスが終わってから彼女は
頬に白粉をはたく
ルート・カロリネ・ミガール
Die Raben krächzen –
noch tiefer ziehe ich den Kopf
in die Jacke ein Dragan J. Ristić
the ravens croak -
I pull the head (back) even deeper
into my jacket 鴉がしわがれ声で啼く
私は頭をさらに深く沈める
ジャケットの中へ
ドラガン・イヨット・リステッシュ

(英訳:クラウディア・ブレフェルドさん、和訳:宮下惠美子)